トマトを食べる女性
  • ホーム
  • 続けると早死にする生活習慣とは

続けると早死にする生活習慣とは

きれいな女性

美味しい食べ物をお腹いっぱい食べる事が出来る生活というのは毎日がとても楽しいものですが、食生活にもしっかりとメリハリをもたせる事が健康の秘訣です。
食に関わる習慣は健康と寿命に強くつながります。
ほとんどの人は毎日の食事は朝と昼と夜の3食です。
この3食の合計で1日の食事に関わる生活習慣と考えましょう。
お腹一杯食べる事は胃腸も健康で、とてもうれしい事ですが毎食ごとにお腹一杯だと胃腸が慢性的に疲れてしまいます。
そして食事の内容によっても胃腸の疲れ具合も変わってきます。

続けてカロリーが高く、消化に時間のかかる負荷の多い食材を摂り続けていると肥満の準備段階にもなるので注意が必要です。
カロリーが高く消化に時間のかかる食物というのは逆にいえば腹もちがよく力になりやすいという食物ではありますが、生活の内容によって口にするタイミングを考えた方が良いでしょう。
体内に過剰なカロリーなどがとどまり続けると肥満や生活習慣病の原因のひとつにもなりますので、ちょうど自分にとって良いという量を判断する事が大切です。

昔から腹八分目に医者いらずという言葉がありますが、健康面からいうと現代にも通じる基本的な食習慣の心構えになります。
使い切れないほどの大量のカロリーと栄養分を常に多い量の食事で摂りこむ生活習慣は、肥満や生活習慣病の原因になるので注意しましょう。
生活習慣病というのは長い時間をかけて症状の下地が出来、完治させるのに時間と手間がかかる上、合併症が起こると早死にのリスクが出てくるので、予防がとても大切になるのです。
1食がお腹一杯になったら他の2食で食事量や内容を絞って1日の合計の内容で多すぎない丁度よい食事量と食事内容にするように努めましょう。
少し足らないかと思う程度の量の食事量でとどめて、休憩などの時の飲食で内容の微調整を行うというゆうずうとメリハリの利いた食生活を行うようにする事た大切なのです。

生活習慣と睡眠との意外な関係とは

生活習慣は食事や運動、ストレスなど様々な要因で引き起こされます。
その他にも睡眠が生活習慣に関係しています。
質の良い睡眠を取れていない人不眠症などの人は集中力や判断力などが低下します。
また睡眠不足が続くと体内の(グレリン)という食欲増進ホルモンが増えて、(レプチン)という食欲抑制のホルモンが少なくなります。
その結果食べ過ぎにより生活習慣病のひとつである肥満になる可能性があります。

その他に(インスリン)という血糖値を下げる働きがあるホルモンの一種が睡眠不足と共に働きが悪くなり、糖尿病の危険性が上がります。
睡眠不足の場合は睡眠の時間帯を固定にしたり、就寝前にお風呂に入るなど対処法がありますが、それでも入眠できなければ睡眠導入剤など薬を使う方法があります。
睡眠導入剤には様々な種類が存在して、作用効果時間も様々です。
病院の医師に処方してもらえますが、通販サイトからでも購入可能です。
しかし、注意して欲しいのが、通販サイトから購入するすると正しい服用方法や副作用など病院とは違い医師に相談することはできないので、十分に睡眠導入剤のことを調べてるようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ